ガケノフチ・ノート

ADHD・ASDな俺が、ボケ防止のために始めた大変有意義な雑記ブログです。

レトロ自販機・オレンジハットの思い出

 

ちょっと前、一都三県に緊急事態宣言が発令された。首都圏在住の僕は勿論対象である。(今は関西の方とかも発令されてるとかされてないとか)

 

内容は良く分からないが、とにかくあんまり外に出るなと言いたいのだろう。

 

 

2020年は従順に自粛を貫き、仕事以外はほぼほぼ家に引きこもってアニメみたり本読んだりプラモデル組み立てたりしていたので、鬱々とした雰囲気に磨きがかかった。どこに出しても恥ずかしくない立派な【キモオタ陰キャ】だ。

 

【みんなが気を付けているから気を付けている】【家族友人同僚に万が一感染させたら申し訳ないから自粛している】みたいな協調的な理由だったり他人を慮る動機から自粛していた訳ではなく、ただただ自分が感染して苦しみたくないから外出しなかっただけだ。まぁそれが結果的に他人のためになってるわけだが。

 

 

しかし我慢する心というのは限りのあるリソースである。

僕の我慢する心は枯渇してきていた。

 

臭いと言われたら嗅ぎたくなる。

見るなと言われたら観たくなる。

立ち入り禁止と書かれている所には土足で踏み込みたくなる。

偉い人が【外出を控えて】と言えば、かえって外出したくなる。

それが人間の本能なので、日帰りで行ける範囲でバイクを走らせることにした。

 

 

 

ずーっと北上し、群馬県太田市までたどり着く。

 

コロナ時代以前は北から南まで全国津々浦々移動しまくってもちっとも疲れなかったが、数時間運転しただけで早くも疲労が感じられる。

 

『帰りたい……』

 

心の奥底に潜む別のペルソナが、そんな悲痛な叫びをあげるが無視をする。

 

何より寒すぎる。寒過ぎてクラッチを握る手が動かない。

ド田舎に偶然そびえ立っていたスーパーで5枚100円のホッカイロを二つ購入し、全身に貼り付けてから再出発。

 

 

今回の目的地はここ。オレンジハット。

f:id:gakenohuchinote:20210114114612j:plain

f:id:gakenohuchinote:20210114114630j:plain

建物左端に僕のバイク



昨今流行りのレトロ自販機が設置されているファンタスティックな休憩所である。

f:id:gakenohuchinote:20210114115336j:plain

f:id:gakenohuchinote:20210114115352j:plain



 

鉄剣タロー』や『ドライブイン七興』、以前少し記事に書いた茨城の無人弁当屋(名前忘れた)など、こういった店に幾つか立ち寄った事があるが、ここも売ってるものはそんなに変わらない。

 

数名の先客はゲームコーナーでゲームに興じていた。

 

 

全然お腹が空いていなかったが、とりあえず自販機でハンバーガーを購入。

f:id:gakenohuchinote:20210114114902j:plain

f:id:gakenohuchinote:20210114114924j:plain

ハンバーガーは箱に入って出てくる



 

無人かと思いきや、裏に店主らしき人が居て、隙を観て自販機の補充に励んでいた。

f:id:gakenohuchinote:20210114115033j:plain

うどんとかを買うと薬味をくれるらしいが、このご時世なのでサービス中止



 

 ゲームコーナーを巡るが、特にめぼしいゲームが無かったのでガッカリ。

f:id:gakenohuchinote:20210114115253j:plain

 

 

ウロウロしていたらハンバーガーが完全に冷めきっていたのでリュックの中に突っ込んで、オレンジハットを辞去する。

 

 

もうちょっと遠くまで走ろうと思っていたが、正直寒過ぎて限界だった。

猛烈に帰りたくなってきたので帰路につく。バイク×冬の相性は最悪だ。

 

 

 

帰宅してから、冷めたハンバーガーをレンジでチンして食してみた。

f:id:gakenohuchinote:20210114115926j:plain

 

 

思ったより本格的で美味しい。ホットソースみたいな辛みがある。

まぁ……マックとかの方が美味いけど、雰囲気込みなら全然オススメできる一品だった。ちなみに値段は300円。ご賞味あれ。