ガケノフチ・ノート

ADHD・ASDな俺が、ボケ防止のために始めた大変有意義な雑記ブログです。

【(21)38日目】仕事を辞めた後、ちょっとの間行方をくらませていた思い出

――38日目

 

この日なのだが、読み返してみるとやたらとやる気のない日記だったので、大したことが書けない。

 

当時の日記を見る限り、当日は殆ど移動だけに費やしたのだと思う。。

 

 

岐阜県の崖っぷちにある民宿を辞去し、一気に南下した。そのまま愛知県をスル―して、静岡県掛川までたどり着く。

高山市から愛知に立ち寄って、そこから掛川なので、移動距離はだいたい300キロくらいではなかろうか。300キロなんて余裕!というライダーの方もたくさんいるかと思うが、僕は無理。

バイクはすぐにケツが痛くなるのでいけない。

 

 

 

f:id:gakenohuchinote:20200515211015j:plain

 

 

スガキヤのラーメンを食す。

僕が子供の頃は、地元(首都圏)にもあった気がするのだけれど、いつの間にか姿を消してしまった。

 

それにしても安い。

500円くらいで食べられる。

チープな感じがするけれど、そこがまたいい。食事というよりは、三時のおやつに食べるような軽食だ。

 

 

 

移動し過ぎて疲れたため、夕食はスーパーで済ますことにした。

 

近所のスーパーに立ち寄ると、丁度値引きの時間帯だった。血沸き肉踊るとはまさにこのことだ。

 

 

f:id:gakenohuchinote:20200515211059j:plain

スーパー惣菜による俺だけのフェスが始まる

 

 

ネカフェで酒と一緒に流し込んだ。

 

こんなツーリングの一日があっても悪くない。

 

 

f:id:gakenohuchinote:20200515211155j:plain

スシ食いながらネットサーフィン。ここは天国ですか?

 

 ――終わりに

 

正直、流石にもう帰りたかった。

学生のとき、家出ではなくれっきとしたツーリングで、長期間家に帰らなかったことがあるが、そのときも、一カ月超えたあたりから猛烈に帰宅願望に襲われた。

どうやら、僕には生来のひきこもり気質というものが備わっているらしい。

 

 

 

あと数日で家に戻ろうと決意し、就寝したのだった。