ガケノフチ・ノート

ADHD・ASDな俺が、ボケ防止のために始めた大変有意義な雑記ブログです。

【⑯33日目】仕事を辞めた後、ちょっとの間行方をくらませていた思い出

――33日目

 

本日は島根から鳥取まで向かう事に。

移動がメインになるだろう。行けたら兵庫の日本海側までたどり着けたらいいなあと思っていた。

 

 

途中、オートレストラン的な所を見つけたため、休憩がてらに立ち寄る。バイクは長時間乗ってると身体が痛くなってくるのだ。

f:id:gakenohuchinote:20200501154714j:plain

関東でもちらほらと見受けられる、オートレストランの類

f:id:gakenohuchinote:20200501154742j:plain


 

弁当の自販機!大好物である。

f:id:gakenohuchinote:20200501154756j:plain

クオリティ高い

 

 

道の駅にて、ハーレーおじさんに声を掛けられる。

僕はとくにハーレーダビッドソンに偏見は持っていないが、ディープなバイクマニアの間だと、一定数偏見を持っている人がいるらしい。

正直僕はどうでもいいし、しょうもねえなと思ってしまう。各々が好きなバイクに乗ればいいだろう、趣味なんだから、文句をつける道理なんてないように思う。

f:id:gakenohuchinote:20200501154833j:plain

 

おじさん、僕と同じでダムカードを集めているらしい。関東にはなかなか来れないとおっしゃっていたが(そりゃそうだ)是非奥多摩あたりにきてほしいものだ。

 

お腹がすいたので海鮮丼。

これで、驚きの980?円くらい。

f:id:gakenohuchinote:20200501154847j:plain

 

控えめにいって卒倒しそうになった。

赤字ではないか?そんなことが頭によぎるが、ありがたく頂く。正直、超絶美味しい。やはり、海沿いの街で食べる海鮮丼は新鮮で素晴らしい。

 

 

鳥取も正直、僕の中では影の薄い都道府県だった。以前、日本一周ツーリングをしたときに鳥取砂丘には行ったが、あまり印象に残っていない。申し訳ないが、今回は鳥取県はスルーさせていただくことにした。

f:id:gakenohuchinote:20200501155027j:plain

強いて言えば、海岸に寄りました

f:id:gakenohuchinote:20200501155047j:plain

f:id:gakenohuchinote:20200501155101j:plain

f:id:gakenohuchinote:20200501155132j:plain

岩礁に鳥居が建立されていました



時間的に、兵庫県までたどり着けそうだったので、もう行ってしまおうと決心した。

 

さりとて、鳥取でなにもしないというのはあまりにもさびしいので……

みなさんは白バラ牛乳と言うのをご存じだろうか。

鳥取の名物牛乳なのだが、関東には恐らく売っていないので、僕としては非常にレアなアイテムなのだ。

そういうわけで、白バラシリーズを購入し、イオンの駐車場でがぶ飲みした。

 

f:id:gakenohuchinote:20200501154929j:plain

f:id:gakenohuchinote:20200501154940j:plain

f:id:gakenohuchinote:20200501154953j:plain



 

 

 

 

まっすぐ【香住】へと向かう。

香住はアニメ【AIR】の聖地。僕の世代というには少々古いアニメ。

観光協会では、マップを配っている。僕は香住はもう3度目なので、勝手知ったる感じで街を散策することができる。

f:id:gakenohuchinote:20200501155205j:plain

 

民宿へチェックイン。

f:id:gakenohuchinote:20200501155304j:plain

 

 

余談だが、この辺りは、夕方になるとかなりひっそりとした雰囲気になる。

飲食店もあることにはあるのだが、かなり限られてくるため、右往左往していた。

f:id:gakenohuchinote:20200501155228j:plain

 

個人のコンビニエンスストアにも寄ったのだが、弁当の類が全て売り切れていた。

店主にこっちが恐縮するほど平謝りされ、狼狽するも、話好きな店主だったらしく、また一時間程立ち話をしてしまった。

 

すっかり日が暮れていた。

 

仕方なく――といっては失礼だが、たまたまやっていたほか弁屋さんで夕食を購入。

f:id:gakenohuchinote:20200501155327j:plain

 

 

宿にて頂いたのだが……

(のり弁ってこんなに美味しかったっけ?)

 

あふれそうになる涙をこらえながら食した(嘘)

しかし、印象に残っている「飯」の一つだ。

とにかく美味しかった。

なんの変哲もないのり弁だが、その質実剛健な部分が僕の舌に訴えかけたのだ。

 

 

今夜は質のよい睡眠がとれそうだと安堵した。

ふかふかの布団で就寝した。

 

 

f:id:gakenohuchinote:20200501155401j:plain

夜食の饅頭

 

――終わりに

 

次の日にはもう兵庫を出ようと思っていた。

しかし、思いがけない雨に見舞われ、歩みを止めざるを得なくなってしまうことになる。

はたして、連泊の申し出は受け入れて貰えるのか……!?

 

 

 

それでは、今日はこのへんで。